【Voicy】新しいサービスに触れると自分自身の課題が見えてくる

こんにちは、エミです。

新しいモノ好きのブロガーです。

Voicyを聴いて音声コンテンツに興味を持ち始めました

音声コンテンツのVoicyを聴くようになって
「発信すること」に対する考え方が少しずつ変わってきました。

Voicy

有名ブロガーさんがどんどん参入していて
noteの時のような盛り上がりを感じます。

イケダハヤトさんはすでに「○○の提供でお送りします・・・」
冒頭で行っているので、広告費をいただいているのかな?と
思うのですが、

Voicy自体はまだ一般人への解放もしていないし、
ブログやyoutubeのような「発信者の収益化」に関しては
見えていない段階。

はあちゅうさんのような、
すでに一定数のファンのいる影響力のあるような方は
これから出版する本の告知や、ファンとの交流にもなるし
ご自身のブランディングにもなるので
直接的な収益性がないとしても有益な活動になりそう。

はあちゅうさんはいろんな方をインタビューしているので
全く知らなかった人やメディアを知るきっかけにもなって楽しいです。

双方のファンにブランディングする相乗効果がありそう。

応募すればチャンネル開設できるかも?(まだ狭き門)

 

youtubeのような一般開放はまだされていませんが
応募することはできるみたいです。

 

狭き門っぽいです。

私は文章が好きなので、
youtubeがどんなに盛り上がっても
参入する意欲は出なかったのですが、
音声コンテンツのvoisyには興味を持ちました。

声に自信があるかというと全くない・・・
むしろコンプレックスなのですが、
動画より音声の方が、より「ブログ」に近い
新しいコンテンツに感じます。

 

「どんな価値を読者に提供できるのか」を考えるきっかけに

もしも自分が応募するとしたら・・・

と考えてみると、
ブロガーとしての自分自身の課題が見えてきます。

ブロガーの方じゃなくても
何かしらの発信者として活動している方、
これから活動したいと思っている方は、
考えてみると面白いかも!

 

 

一定数のファンがいるか、
チャンネルの独自性、専門性があって
多くの人に価値提供ができないとチャンネル解説は難しいみたいです。

どの分野の専門家になのか?(なりたいのか?)
それは独自性があるのか?
どれだけの人に価値を提供できるのか?

自分を掘り下げて考えてみると
やるべきことが見えてきそうです。

新しいサービスに触れることは
新しい自分や、考えを見つけられて
とても有益なので、とりあえず触ってみることをオススメします。

emi