結婚する相手の条件!お金と愛、どちらが大切?

こんにちは!
エミ(@sinema_time )です。

 

結婚とお金。どっちが大切だと思いますか?

 

ズバリ、結婚して子供を1人産んで、
関東郊外(都心から1時間以内)に庭付き戸建てを購入するのに
必要な年収を、体験談からリアルをお伝えしながら
「結婚とお金。どっちが大切か?」の答えを探していきましょう。

 

 

(ちなみに私、独身時代から「節約」「貯金」が得意ではありません・・・)

 

 

あなたが、人並みの生活をし
子供を産んで、落ち着いて子育てがしたい
できれば子供が小さいうちは専業主婦がしたい・・・

などと思うようであれば

 

年収は600万円最低限必要です。

 

年収600万円はなんとビジネスパーソンの中でも
たったの5%なのだそう!!

婚活市場、めちゃくちゃ厳しいんですね。

奥さんが専業主婦でもやっていける
男性の年収の目安が年収600万円で
婚活市場では600万円以上の方を望む方が多いのだとか。

 

 

でも・・・結構厳しいですよ、年収600万円。

もちろん、専業主婦でやっていけますし、
このようなタイプは余裕かもしれません。

 

・節約を極める
・外食を一切しない
・双方の貯蓄額が結婚前に多い

 

など・・・

生活スタイルや金銭状況によっては
600万円で十分足りると思いますし、
私は年収600万円を「少ない」とは言っていません。

年収600万円を「十分ではない」と感じているのです。

なので、私はフリーランスで働いています。

 

夫の年収が1000万円だったら働いてないかも・・・

 

年収600万円で足りないもの。

 

 

もう少し具体的に、生活費や家賃など以外に
何に対するお金が足りないと感じているかを書き出してみます。

 

・たまに外食するお金
・家具家電を買うお金
・美容院代
・コスメ代
・子供の教育費
・駐車場代(賃貸時)
・車のローン、税金、保険
・旅行代

 

この辺りはボーナスを切り崩していました。
贅沢品でしょうか?
私は必要なお金だと思います。

今はこのあたりを私がフリーランスで稼いでいる分で補填しています。

ボーナスを切り崩す=貯金が満足にできない

と言うことになるので、
「年収600万円だけで生活していく」のは、
あまり良い状態ではありませんでした。

 

日本人の平均年収知ってますか??

 

調べたところ、日本人の平均年収は432万円だとか・・・

 

嘘でしょ?ほんと!?みんなどうやってるの????!!!!

って思って、
友人に聞いて回ったことがあります。

おおよその年収と、家庭状況をヒアリングしたところ・・・

専業主婦の家庭は、およそ年収は600万円〜800万円。
共働きの家庭は、2人で年収は800円〜1000万円。

そして、共働きの家庭はお子さんも2人以上が多いです。

答えは、「年収600万円以下の家庭は、2人とも働いている」なのです。(※エミ調べ)

 

結論!いくら年収のある人と結婚すれば幸せになれる?

 

正直、専業主婦をしてみて思ったのは600万円が最低限。

600万円以下の年収の方と結婚した場合、
お子さんが小さくても、
2人で働かないと生活に余裕がなくなるかなあと思います。

都内の家賃(月10万以上)で考えると・・・

もう絶対に働かないと無理です><

我が家は家賃9万円でも「高すぎる・・・」と思っていました。

 

お金と愛、どちらが大切か?答えは・・・

 

お金>>>>>愛

とは言いたくないのですが・・・
お金って、やっぱりとっても大切です。

お金がないと、
娯楽や余暇を楽しむこともできず、
スーパーに行っても好きなものも買えないし、
育児に疲れた時に外食に逃げることもできません。

これでは家庭内がギスギスしてしまい
愛情もすり減っていくと思います。

今は共働きがベーシックになって来てはいますが、
そうはいっても、特に女性の体は妊娠・出産・更年期と
様々な要因でいつ体調が悪くなって働けなくなってもおかしくありません。

 

ちなみに主婦フリーランスは最高です!が・・・

 

私はもともと専業主婦に憧れはなく、
どちらかというとバリキャリ思考。

でも新卒の頃から、「子供を産んだらフリーランスで働く」と思っていました。

自分が社会で働きながら子育てするイメージが湧かなかったのと、
完璧主義なわりにキャパが狭く、メンタルが弱い傾向があるので
家庭と仕事の両立は難しいだろうなあと思っていたからです。

現在は、フリーランスとしてお金を稼いでいます。

まだまだ満足のいく年収ではないのですが
平日に一日1〜2時間、自分にも娘に負担のない程度で働けているので
働き方には満足しています。

正直、フリーランスなんていうものは
「社会に適合できない人間の最終手段」でもあると思っているし
ある程度特化したスキルや、会社員とは違った努力が必要なので
安易に進められません。

 

フリーランスになる勇気のない方は、
育児休暇の整っている企業の正社員でいる方が安定できると思います。

 

結婚して子供を産んでから働くのは本当に大変!!

 

 

フリーランスになるつもりはない、
でも年収600万円以上の方と結婚できそうもない。

育児休暇などの制度が整っていないような企業にいる・・・

そんな方は、早めに転職を検討してみましょう。

日本はまだまだ働く女性に厳しいため
子供を産んでからの再就職は本当に大変です。

 

待機児童問題があり、
育児休暇を取得せずに辞めてしまうと
再就職したいと思った時に
一時的に預ける保育所がない→転職活動ができない

就職できたとしても、待機児童になってしまう→再就職できない

といったことが起こります。

幼稚園に一度入ってしまうと、
こども園(保育所も併設)でない限り
2時以降の「預かり保育」がない場合もあります。

結婚後も働くのであれば、

「育児休暇を取得し、入れてくれる保育所に預ける」

これがベストなのです。

※ちなみに私は0〜3歳の時に
半日子供を預ける先を探しましたが、待機児童問題で
一時預かりもしてもらえず、リアルに預ける先がありませんでした。
民間の託児所は1時間1,000円ととても高く、泣く泣く諦めた経験ありです。

 

結婚して、子供を産んでからの再就職はかなり大変です!!!

 

これから結婚して子供を産みたい全ての女性にお伝えしたいこと。

 

結婚と子育てを専業主婦をしながら
フリーランスでお金を稼ぎながら
やってみて痛感すること。

この3つです。

・婚活をするなら年収600万円以上の男性を狙いましょう!

・育児休暇などの制度が整っている企業の正社員になっておきましょう!

・(フリーランスになれるようにキャリアを積んでおきましょう!)

私は自律神経失調症なので
体調が悪い日も多く、安定したお給料を稼いできてくれる旦那さんには
本当に感謝していますし、

何より同じ仕事を長年続けて、キャリアを深めている旦那さんには
尊敬でしかありません。

結婚当初、「年収が良いから」と思って
結婚した訳ではありません。

大好きだから、ずっと一緒に居たいから結婚しました。
今でもその思いは変わりません。

でも正直、年収600万円以上稼げる旦那さんでよかった・・・と
思うことはとても多いです。

 

 

今行動を起こさないとヤバイ!

 

いまだに日本の社会は男社会だなあと
待機児童問題に直面した時は思いました。

過去に働いていた育児休暇のない企業。
上司にこんなことを言われたことがあります。

「結婚したら辞めるんでしょ?」
「結婚したら営業から総務に移動だよ」

こんな企業がまだまだあるのが実際のところ。。(恐ろしい)

なのに、子育ても、家事も、そして仕事も。
女性は全部やらなくてはならない状況に置かれる。

働く女性に優しい、応援してくれる企業にいなければ
苦しむのはあなたなのです。

加齢と共に身動きも取りづらくなりますし
転職の機会もどんどん奪われていきます。

もう一度大切なことを復唱しましょう。

 

・婚活をするなら年収600万円以上の男性を狙いましょう!

・育児休暇などの制度が整っている企業の正社員になっておきましょう!

・(フリーランスになれるようにキャリアを積んでおきましょう!)

 

転職エージェントに登録しておくべき理由

 

今は公開されている求人もたくさんありますが、
「未公開求人」に魅力的な求人が隠れていることもあります。

公開され続けている求人には
いわゆる「ブラック企業で離職率が高い企業」もあるので
要注意です。

その点、転職エージェントのところには
未公開求人もあり、
転職エージェントがしっかり会社の欲しい人材と
合う人材をマッチングしてくれるので
ミスマッチな転職活動や、自分の市場価値とズレた企業への転職活動を
しなくて済みますよ!

私は2回転職をしていますが
一度は転職エージェントを利用して
優良企業にWEB知識ゼロですがWEBの広告代理店に潜り込んでいます。

とっても親身になってくださる担当者さんで
あまり気乗りしない企業を勧められた時に電車代を理由に断ろうとしたら
「僕が電車代を出すので!絶対エミさんに合う企業だから行ってみてください!!」
と説得され、面接に行った会社がその優良企業でした笑

その担当者さんがいたのがマイナビエージェント!

面接の練習や、履歴書の書き方、合う企業の紹介まで
親身になってくださるのでとても良い転職エージェントです。

とりあえず今の現状を変えたい方は
登録して、一度面接してみてください。

すぐに会社を辞めなくてもいい。
まずは準備期間を儲けることが大切です!

 

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

 

転職する前にやっておくべきことは以下の記事を参考にしてくださいね^^

第二新卒、転職したい。準備期間をしっかり設けることが転職成功の秘訣!