フリーランスはどのような職場で、どんな手帳を使って働いているか?

フリーランスの職場

こんにちは!
エミ(@sinema_time )です。

今日はフリーランスの職場・手帳・おすすめの本をご紹介します

 

運営中

フリーランスの職場。

フリーランスの職場

ちょっとキレイにしました(笑)

 

こんな感じで、ダイニングテーブルでお仕事をしています。

パソコンはMacbook airの13インチを使っています。
元々はデスクトップのwin使いでしたが、
ブログで収益が出てきた頃にMacbook airを購入しました。

いまだにマウスを購入していないので、
ExcelやPowerPointで仕事をする際にはちょっと不便・・・
そろそろ購入しようかな〜とぼんやり思っています。

手帳はほぼ日手帳を愛用しています。

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳 2020 手帳本体 カズン(A5サイズ) 2020年1月はじまり

私はカズンのA5サイズを使っています。
カフェで仕事をする際などには持っていきますが
ほとんど家に置いておく、いわゆる「置き手帳」です。

1日1ページないと書き足りないので
ほぼ日手帳を最近は愛用しています。
手帳はこれからもずっとほぼ日手帳で揃えていこうかなあと思っています。

こんな感じに手帳を使っているよ〜という見本を書いてみました。

 

①代表的な予定を書きます
②todoを書きます。ここには「やりたいこと」を書きます
③時間の決まっている予定を書きます
④仕事(WEBマーケとブログ)のtodoを書きます

余った場所には、日記や、本を読んで気になった言葉などを書くことが多いです。

あと、よくネットショッピングをするので
購入したものは書いておきます。

 

なんでもノート。

なんでもノート

手帳ノート クラシックノートブック

こちらの大理石柄のノートは「なんでもノート」としていて、
以前書いた記事でおすすめした「マイノート」的な使い方をしています。

ブログの記事案、お仕事メモ、買い物メモ、今後の目標・・・など

あと、裏ページから「ずっとやりたいことを、やりなさい」に書いてあった
モーニングページという朝一番に頭に思いついたことを
どんどん書いていくワークを続けています。

 

モーニングページとは?

モーニングページ

毎朝ノートに思いついたことを書いていくだけで、
人生が変わるくらいにマインドや行動に変化をもたらすよ〜と

作家・ディレクターのJulia Cameron(ジュリア・キャメロン)さんの
著書「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」で提案している
創造性を見つけるためのワークの一つ。

心のデトックスや、本当にやりたいことを見つけることができるとのことで
まだ11日目ですが効果を感じています。

フリーランスは常に新しいことに挑戦しなければならない

フリーランスになって3年、常に新しいことに挑戦してきました。

これからも新しいことに挑戦し続ける必要があると思うし
そうでありたいと思っています。

毎朝、手帳を開いて、今日のtodoをチェックする前に
頭の中にある考えや、想いをノートに書き出して、
常に頭の中をクリアにしておきたい。

そうすれば新しい考えや、知識が入る場所が生まれるだろうな、と。

そう思ってモーニングページをはじめました。

モーニングページをはじめてからこんな効果を感じます。

・心の説明のつかないモヤモヤが減った
・わけもなくイライラすることが減った
・新しくやりたいことが明確になっていった
・今の体調やメンタルを「認識」できるようになったので無理をしなくなった
・新しいことに前向きに取り組めるようになった

たった2週間くらいでこの変化を感じているので
続けていったらどのくらい効果があるのか楽しみです。

気になる方はぜひ、ノートとペンだけでできるので
やってみてください。

本を読んでから取り組みたい方はぜひ読んでみてくださいね^^

 

Twitterもフォローいただけたら嬉しいです(@sinema_time

 

運営中↓